OD20160719.png



2016.07.19
日本語教師養成課程

①土曜コース 9月17日(土)開講

②夜間コース 10月4日(火)開講

セントラル・ロンドンで開講しますので、通学に便利です。

2016.07.19

①日本語助詞の分析とその教え方

②初級におけるリスニングならびにリーディングの指導法

③中上級におけるリスニングならびにリーディングの指導法

2016.07.12
子どもの日本語学習を支える家庭の基本(Ⅰ)
8月8日(月)~10日(水)3日間
9月14日(水)・16日(金)・19日(月)3日間
2016.06.27
2016.06.27
2016.06.27
集中的に日本語教授力をブラッシュアップ
申込締切:2016年7月29日(金)
2016.06.22
さようなら、いや、プロローグ 夢の途中(59)
2016.05.30  
英国の小・中・高校生を対象にした日本語教育プログラム
出願締切:2016年6月15日(水)
2016.05.27
「英国で暮らす子どもたちの日本語」と「外国語としての日本語を学ぶ大人たち」―どう見守り、どう教えるか―
※日本語教師養成課程、児童英語教師養成課程に関する講座説明会同時開催
2016.05.01
英語教育の本場イギリスで学ぶ 児童英語教師養成課程
9月12日(月)開講
2016.05.01
夏期集中コース 8/1~8/6開講/6日間
夏休みを使って英語教育の本場イギリスで児童英語教育について学ぶ!!
2016.04.03
2016.04.03  
今号では、児童英語教師養成課程で行われている授業の様子が紹介されています。
2016.02.15
メールでの通信添削だから、世界中どの国ででも学習が開始できます。
2015.09.15
9月26日(土)15:00~17:00/参加無料。要予約・先着30名
2015.09.01
受賞者が発表されました。



LCE 168×168.png

London College of Education, Graduate School(LCE-GS)

日本語教師養成課程・児童英語教師養成課程を開講しています。

LLC 168×168.png

London Language Centre

英国政府国際文化交流機関The British Council認定の英語講座、外国語としての日本語講座を開講しています。

Bokokugo 168×168.png

こどもの未来研究室

教育の原点ともいうべき子どもたちの教育について研究や実践活動を行う機関です。

CJLT 168×168.png

日本語教育協議会
日英の教育と文化に関する研究協議会

言語学・言語教育や国際教育等に関する研究団体・学会の本部です。

Sympo 168×168.png

国際教育講演会
国際教育シンポジウム

国際教育に関する講演会を英国及び日本で開催しています。

Itoprize 168×168.png

国際言語教育賞(伊藤克敏賞)

言語教育の世界で地道に活動し、その実績を挙げている個人・団体を対象としています。

EC 168×168.png

英国の公的試験センター

英国の統一試験であるGCSEやGCE-A/ASを実施する国の公的試験センターです。

HC 168×168.png

英国留学サポートセンター

英国留学に関する会員制留学サポート・システムです。大学、小・中・高校、専門学校、語学学校等への留学をサポートします。

pubrish 168×168.png

出版局










日本語教育学研究科・英語教育学科



在学生・卒業生の皆様へのお知らせ

在学生・卒業生の皆様への各種お知らせです。こちらをご確認ください。

連載コラム 毎週更新!!

図師照幸の日本語を歩く

日本語を歩く218
さようなら


「91」で「サヨナラ」について書いた。読み直してみて、間違っていたことに気付く。「サヨナラだけが人生だ」は太宰のことばではなく、井伏鱒二が、八世紀の詩人・干武陵の漢詩 「歓酒」を訳したものが出展だった。「勧君金屈巵(この盃を受けてくれ)/満酌不須辞(どうぞなみなみつがしておくれ)/花発多風雨(花に嵐のたとえもあるさ)/人生別離足(さよならだけが人生だ)」の結句である。別れに酒は似合う。しかしながら、一緒に飲み交わす者がいない場合の別れは、なんとも寂しい。また、別れがどのような種類の別れであるかも漂う情感が異なってこよう。ぼくの父が死ぬ前に、日本に帰国し見舞ったぼくに彼は、「これでお別れだ。さよならだ」と言った。病のため、もう自分は死ぬんだと悟っていた父は、静かにそれを迎え入れていたのだった。「さようならば(そうであるならば)」という「そうである」とはなんだったのだろう。深夜一人で酒を飲みながらぼくは、ふと思ったのだった。

(2016.02.26)


バックナンバーはこちら